憧れの場所で結婚式を挙げよう|安い費用でリゾート婚も実現できる

男性と女性

人気の伝統挙式

男女

日本の伝統である神前式

神前式は主に神社などで行われる伝統挙式のことです。流れとしては、始めに参進の儀を行います。これは巫女に先導され、新郎新婦と親族が、式場に向かうことを言います。続いて入場してから様々な儀式が行われます。ではいくつかの儀式を例としてあげます。新郎新婦が神酒で三三九度の盃を飲み交わす儀式を、三献の儀と言います。玉串を神前に捧げて、最後に二例二拍手一礼を行う儀式は、玉串奉奠と言います。このように神前式には様々な儀式を、一つ一つ行っていきます。

伝統と現代の融合

現在、伝統的な神前式が人気を集めてきています。日本人として、和装で結婚式をあげたい、由緒正しく格式のある挙式にしたいなど、人気の理由はたくさんあります。さらに費用面でもキリスト教式に比べて、意外とリーズナブルな費用ですみます。神前式と聞いたら、堅く重苦しいイメージがあるかもしれませんが、神前式には新郎新婦だけではなく、親族すべてが家と家として結びつくという考え方があります。日本の伝統的なしきたりを重んじ、厳粛さもしっかりと味わえます。親族しか参加しない場合が多いですが、広い神社などでは友人が参加できる場合もあるそうです。春、桜の咲く神社だったり、秋、紅葉が色づいた社殿で結婚式を挙げれば、一生の心に残ることは間違いありません。神前式の魅力は伝統の中で、永遠の幸せを大切なパートナーと誓えることだと思います。

Copyright © 2017 憧れの場所で結婚式を挙げよう|安い費用でリゾート婚も実現できる All Rights Reserved.